...

カフェ・ソスペーゾ

カフェ・ソスペーゾ

「カフェ・ソスペーゾ」(イタリア語で「支払い済みのコーヒー」)または「ペンディングコーヒー」は匿名の慈善活動の一環として、誰かが事前に購入してくれたコーヒーを指す。この伝統はイタリアやヨーロッパ各地で生活が苦しかった第二次世界大戦後の、ナポリの労働者階級のカフェで始まったとされる。例えば誰かに良いことがあった場合、その人はソスペーゾを注文する。二杯分のコーヒーを注文するが、注文した者は一杯しか飲まない。その後、ソスペーゾを求める貧困者がカフェに有無を尋ねて、彼らはコーヒー一杯を無料で飲むことが出来るのだ。そのため、このカフェ・ソスペーゾは民衆の社会連帯のシンボルとも言える。

 

ブルガリア、ウクライナ、オーストラリア、カナダ、ルーマニア、ロシア、スペイン、アルゼンチン、アメリカ、コスタリカにあるカフェの数店舗はこのアイディアを採用している。「Suspended Coffee(保留コーヒー) ネットワーク」を形成するイタリアのいくつかの小さなフェスティバルは、2011年に文化的な予約削減に応じた社会連帯を手助けするために保留コーヒーを設け、同年12月にはナポリ政府が「Suspended Coffee(保留コーヒー) Day」を公布した。そして現在、少なくともナポリのピザレストランのピザにまで、この貧困層のために事前注文するという伝統が広がっている。

 

あなたはこのアイディアが日本でも支持されると思いますか?

 

このブログでは、大きく3つのパートに分けて様々なことを紹介していきます。

このブログの名前でもあり、1つ目のパートである’Out of the Blue’ではあまり知られていないことや、ちょっと変わった事柄について紹介します。2つ目は’A Good Idea?’というタイトルで、世界中に溢れる「ためになる情報」を様々な事例と共に紹介します。これら2つのパートは実際のレッスンでも使用しています。3つ目は日本と英語についてです。英検についてや第二言語を学ぶ動機など、日本と英語に関する様々なことについて紹介します。

2019年秋からこれらに関連する記事を順番に紹介しますので、是非ご覧ください!